闇金のキャンセル料とは

闇金のキャンセル料とは、闇金に申し込んだものの、よくよく聞いてみると条件が思っていたものと違うなどの理由で借入をキャンセルしたいことを伝えたところ、キャンセル料を払えと脅迫される被害のことです。

キャンセル料は支払う必要がない

闇金業者からキャンセル料を請求されたとしても、ただの言いがかりの様なものなので、もちろん支払う義務はありません。

闇金のキャンセル料請求の被害に遭うパターン

闇金に申し込み、キャンセルしたいと伝えた場合

闇金に申し込んでしまい、途中で怖くなりやっぱり借入をやめたいと伝えたところキャンセル料を請求された。キャンセル料を払わないと勤務先や家族に請求すると脅迫されている。

闇金と知らずに申し込んでしまった場合

闇金と知らずに融資のサイトに個人情報を送信してしまい、業者から融資の連絡が入る、話している途中で怪しく感じたため、融資を断ったところキャンセル料を請求される。

そのまま脅迫され強引に貸付けられることもあります

「闇金に申し込んだものの、条件がホームページに書かれていたものと違った」
「そのためキャンセルしたいと伝えたところキャンセル料がかかると伝えられた」
「払わなければ勤務先に請求すると脅されたため、仕方なく融資を受けることになった」

という相談も、当事務所まで寄せられています。

闇金のキャンセル料請求からどんな被害に遭うのか?

キャンセル料は当然支払う必要の無いお金です。

しかし、闇金業者は自分の言いなりにさせようと以下の様な嫌がらせを行う場合があります。

闇金が行う嫌がらせ

  • 本人に何度も取り立ての電話をかける
  • 勤務先へ連絡をする
  • ピザなど出前を大量に届ける
  • 本人の住所や勤務先まで救急車両を呼びつける

その他渡した個人情報に応じて被害が拡大する恐れがあります。

闇金にキャンセル料を請求された時の対処方法

キャンセル料を払うと何度も請求されるので、払わないこと

闇金業者に言われるままキャンセル料を払ってしまうと、その後も何かと言いがかりを付けられお金を請求されることになります。

「この被害者は脅迫すればお金を払う」と思われてしまわない様に、闇金のキャンセル料請求には応じてはなりません。

キャンセル料請求の対策は、無難に解決するなら法律家へ

キャンセル料の支払いを断っているにも関わらず、連絡がしつこかったり、嫌がらせを行うと脅迫を受けた場合、闇金に強い司法書士や弁護士などの法律家への相談することで早期解決する可能性が高いです。

闇金業者も法律家が関わると、警察から摘発されるリスクを背負うことになります。

また、闇金業者は逮捕されるリスクと天秤にかけながら、被害者からお金を騙し取る活動を行っているため、1円もお金を貸していない被害者のために、わざわざ法律家を敵に回そうとは考えないことが多いです。

闇金のキャンセル料請求に悩んでいる方は、1人で悩まずにご相談ください。