完済されると儲けられないので闇金はあまり完済させない

闇金業者は金利で儲けています。完済されてしまうと金利による収益が入ってこなくなるため闇金業者はあの手この手で完済させない傾向があります。

もしくは、完済しては次の融資をもちかけられるため、闇金や後払い現金化業者を使っている方の中には、「完済しては借りて完済しては借りて・・」を繰り返している方も多いです。

当事務所に寄せられた、完済させない手口の事例

闇金業者による完済させない手口

  • 事前連絡が無いのを理由に完済を受け付けてもらえない
  • 利息分の返済(ジャンプ)を勧められ元金が減らない
  • 元金が減らないまま他の闇金業者を紹介され、トータルの元金が増えてしまう
  • 返済用の口座を教えてもらえず完済金の入金ができず延滞扱いにされる
  • 完済金を支払ったのに「入金が確認できなかった」と再び返済を要求された
  • 完済後もついつい借りてしまい関係が続いてしまっている

闇金業者はこの様に、被害者に更新をさせずにいつまでも金利を支払わせようとします。

完済金を払おうとしても、何かしらの「言いがかり」を付けて、完済金を受け取らなかったり完済を認めようとしない傾向がありますし、完済しても次の融資を持ち掛けてズルズルと関係が続いてしまうということになりがちです。
闇金に真面目に支払い続けて関係を終わらせてもらうことは中々難しいはずです。

完済後も闇金は顧客を手放したがらない

闇金に完済をしたあと、闇金業者から追加融資の誘いを受けるはずです。

目の前の甘い誘いに乗ってしまう方も多いのと、その融資を断ると脅迫してくることもありますし、無理やりお金を振り込んで金利を請求する「押し貸し」という被害に遭ってしまうこともあります。

この様に、闇金業者は甘い誘惑と、脅しを使って顧客との関係を長くつなぐ様にしているのです。

闇金が和解を提示しても約束が守られる保証は無い

闇金業者が、「コレだけ支払ったら完済にする」と和解の提示をしてくることがありますが、その約束が守られる保証はありませんし、その後何度も理由をつけては請求されてしまう恐れがあります。

我々の様な法律家の場合は、敵に回すと闇金にとってもデメリットが多いので、交渉になるのですが、闇金から借りている個人の場合、勤務先や家族の連絡先などの個人情報を人質に取られている状態ですので、闇金業者からどんな理不尽な要求をされても無理やり飲まされてしまいがちです。

闇金問題は法律家へ相談すると多くが当日中に解決します

闇金業者との関係を断つには本人の意志もある程度重要ですが、専門知識を持った司法書士や弁護士を介入することで多くの場合当日中に解決しています。

※あくまで当事務所の場合ですが、9割近くが介入したことを伝えると何もせずに手を引いています。

闇金からお金を借りてしまい取り立て電話に苦しめられていたり、ズルズルと関係が続いてしまうことに悩んでいるのであれば、どこかのタイミングで相談だけでもして頂ければと思います。

闇金対応のできる法律家は闇金としても敵に回したくない相手であるため、介入があった時点で「業者は取り立て・嫌がらせ行為を今後一切しない、依頼者は業者へ今後一切支払わない」といった交渉条件を受け入れる可能性が高いです。

闇金に支払い続けても、支払いに追われ気が休まることもありませんし、多くのお金を業者から奪われてしまうことになります。

闇金との関係にお悩みの場合、早い段階で法律家へと相談されることをご検討ください。